プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


奥二重アイメイクのオシャレMAX

中島 美嘉のアイメイクと目元用の化粧品で断然キュート。今日は奥二重のアイメイクを説明します。奥二重まぶたは日本人に多いと言われれいますが、腫れぼったい印象を与える事がありますよね。基本的には奥二重のアイメイクは一重まぶたと似てきます。しかし、まったく一重まぶたと同じというわけではないのでどうにかして奥二重をぱっちりした目元の印象に変えるかがポイントになります。その理由は、アイラインひとつのことで印象が変わってしまうからですね。奥二重まぶたのアイメイクでは、アイライナーがとても重要になります。

ペンシルタイプではなくリキッドのアイライナーで勝負をかけます。アイラインの引き方は、まつげの隙間を埋めるようにして、アイラインを太めに引くと目が大きく見えるようになります。色は自然なブラウン系がおすすめですが、春・夏には紺色も良いですね。アイシャドウは一重と同様に膨張色−いわゆる暖色系。ピンクやオレンジなどの淡い色のこと−は使わないほうが無難ですね。

立体感のある軽い感じのまぶたに仕上げるには、アイシャドウの2色使いをするのがよいでしょう。アイシャドウの2色使いではライトカラーとダークカラーを用いて立体的にしていきます。ダークカラーで目尻から中央と目尻から外側、下まぶたの目尻から中央の部分をぼかした後、ライトカラーでまぶた全体をぼかすという手順で大丈夫ですよ。綿棒でぼかすと、グラデーションを綺麗に出すことが出来るでしょう。

パッチリとした目元に仕上げるには、ビューラーやマスカラでまつげをしっかりあげて下さいね。自然な感じにしたい女性の方はマスカラのみでもいいと思いますよ。
マスカラの選び方と使い方はすごく重要になってきます。ボリュームアップマスカラとロングラッシュマスカラの両方を使ってみましょう。最初にボリュームアップマスカラで睫毛を濃くし、それからロングラッシュマスカラで長さを出します。さらに下の睫毛にもマスカラをつけて下に広がるように見せることで目が大きく見えるようになります。