プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


アイラインのテクニックで上品顔

アイメイク法とサーマクールと目元でキュートなシルエット。アイメイクに自信のない方には、「ピエヌ アイラインパーフェクトホワイティッシュゴールド&ブラック」という商品がおすすめです。この商品を使ったアイラインの引き方を解説します。アイメイクのとき、目元を引き締めるブラックと、目元を明るくするホワイトの2色のライナーが1本に収まっており、芯が適度な硬さなので、軽く左右に振るだけで思ったより簡単にアイラインが引けます。実はコレ、綿棒を使えばシャドーラインとしても使えるのです。
まず綿棒にペン先を当てて、好みの量を移します。

その綿棒で、目尻から目頭まで軽く左右に振るようにしてカラーを塗っていきます。綿棒で引いた方が肌当たりもソフトなので、ペンシルアイライナーが苦手な人にもこのテクニックはおすすめですよ。

◆ 引き締め&明るさでつくるベーシックな目元にするには
まずは、ブラックを上まぶたの目の際に引きます。
次に、下まぶたの目尻からおよそ4分の1の部分にもシャドウラインとして綿棒で色をのせます。ホワイトを下まぶたの目頭から残りの4分の3の部分に引きます。
仕上げに、ブラックのラインとホワイトのラインの境目を綿棒などで軽くぼかすようにします。

☆きれいな瞳
きれいな瞳を作るコツは、ホワイトを使いこなすこと!!
下まぶたの内側に引けば、白目が引き立ち、黒目の下に位置する内側に入れると、ウルウル黒目をゲットです。●モードでクールな強い目元をつくるアイメイク
ブラックを下まぶたの目尻から4分の3のインサイドに引きます。
ホワイトを下まぶたの目頭から4分の1に引きます。モードのイメージを強めたいときには、ブラックの範囲を広くして、ホワイトの範囲を狭くするようにして下さい。

マスカラの使い方で大人のユルさをひきだす

宮崎あおいのアイメイクと目元若返りで癒し誕生。マスカラを使ったアイメイクは、あなたの顔の印象を変えることができる効果的な方法のひとつです。藤原美智子さんも「女の子はマスカラを着けたら絶対にかわいくなる」って言ってました。このサイトではマスカラを使ったアイメイクの方法を解説します。日本の化粧品ブランドが出しているマスカラは、
○自然な仕上がりのナチュラルタイプ
○まつげの量を多く見せる「ボリューム」タイプ
○まつげを長く見せる「ロング」タイプというように3通りのマスカラを販売しています。
色も、茶色や黒、透明だけでなく、赤や青など鮮やかなカラーがあります。

強力なウォータープルーフのマスカラや、ラメ入りのマスカラなど新製品が次々と発売され、マスカラの進化はとどまるところを知りません。基本の1本としてはやはり黒でしょうか。茶色は柔らかい仕上がりになりますが、その分インパクトは弱いので 「目を大きく見せたい」 「まつげを長く見せたい」 と思っている人は、黒か透明タイプか繊維入りタイプが良いでしょう。 値段が上がるほど品質がよくなってくるのは、当たり前です。安くていいものを探すには、地道にクチコミサイトを研究するといいでしょう。

マスカラをつける前に、ビューラーを使ってまつげをカールさせます。
奥二重の人や一重まぶたの人は、まつげの上にまぶたが重なるため、まつげを押し下げてしまうので、まつげをカールして持ち上げても、すぐに下がってしまう場合が多いようです。まつげを引っ張らないように根元を強く押さえてから、あとは軽くスライドさせてカールします。すぐ下がってしまう場合はマメに巻き直すのも良いですが、下向きのまつ毛の流れを活かして、ビューラーを使わずマスカラだけを使用すると自然に仕上がり、陰影もできて東洋的な魅力あふれる目元に仕上がります。

マスカラを落とす時は、使用したメーカーと同じイメイク専用のリムーバー(メイク落とし)を使って落とすことをおすすめします。リムーバーをコットンに含ませて、まつ毛の根元から毛先に向けて優しくふき取るようにします。まつ毛はとてもデリケートなので、根元から毛先に向けて優しくふき取ってください。一度抜けるとなかなか生えてこないので、よく注意してくださいね。

盛りヘアの作り方のポイント

盛りヘアとは夜会巻き、巻き髪に匹敵するゴージャスアレンジでキャバ嬢・水商売系のお姉さまから生まれたそうです。最近盛りヘアって、人気のスタイルですね。ギャル達に大人気の盛りヘアー。ギャル系とかお姉系ファッションにもピッタリフィットしますよね。ロコネイルなど最新ファッションとも相性がピッタリよさそうですね。


目立ち度1。盛りヘアの豪華さや派手さは、姉ギャル系の女の子の支持は大きいみたいですが男性からモテるかは置いといて(笑)。今年は、盛りヘア!できまりですね。雰囲気によりますが、結婚式などのパーティーでも盛りヘアは華やかでいいですよ。パーティ、合コンなど出会いの場では注目されますね。盛りヘアの作り方はサイトやランズキ、Sカワイイ、小悪魔ageha、eggとか雑誌、個人のブログ、サロンなどで画像があるところもあるようです。夏のカタログにも載っていそうですよね。

インターネットで調べてみたら、
盛りヘアに必要なアイテムは、ヘアアイロンとスプレー、巻き髪用ウォーター。コテでてっぺんをカールさせて、ふわゆる感のある盛りヘアにします。地毛でボリュームが足らないときはヘアピースやウィッグも便利ですよ。作り方のポイントその1:盛りヘアーは、頭のてっぺんを大きく見せるようにトップをしっかりカールする。ポイントその2:自分のお顔に合うバランスをチェックしながら大きさを決める。ポイントそね3:せっかく作ってもくずれては台無しなので、ハードなスタイリング剤をおしみなく使う。 これ大事ですよ。

バングスは厚めっぽく決めた方がキュートでカッコイイですよ。ショートやクラシカルボブなんかのヘアアレンジでもこのテクニックは使えそうですね。サロンで絶壁でお悩みの人は盛りヘアを一度やってみてもいいですね。
雑誌「小悪魔アゲハ」には盛りヘアのことや盛りヘア写真画像いっぱい載っているので要チェックです!